毛筆検定で字を

毛筆検定で字を素敵に

毛筆検定とは、正確には「毛筆書写技能試験」というものを指します。毛筆習字の習熟度を判断するための検定試験であり、難易度としてはそれほど難しくはありません。書道塾や地域のサークル等で教えることを目標にする人もいますが、ただ単に綺麗な字を書けるようになりたいという理由で目指す人も多いようです。この毛筆検定では、学歴や年齢による受験資格の制限はありませんので、誰でも受けることができます。試験科目は実技と理論であり、試験場は全国各地にあります。趣味の延長で取得しても素敵な資格ですし、一般生活においても字が綺麗な人は一目置かれます。

毛筆検定を受けたいと思ったら、日本書写技能検定協会に電話や請求フォーム、ハガキで願書を請求します。大きな特約書店では、無料のパンフレットと願書が置いてあることもあります。試験は年3回行われますので、万が一合格することができなくても、またすぐに取得できるチャンスがあります。

通信講座でも、毛筆検定のコースは人気です。優雅で素敵な大人の字を書くことができれば、周囲の人たちに与える印象もずい分変わります。日常の何気ない手紙のやりとりだけでなく、作品を作って自宅に飾ったり趣味の幅を広げたりと、応用できることはたくさんあります。 毛筆や硬筆で美しい字を書けることは素敵なことだという認識は、今も根強くあります。そのため、子供に毛筆や硬筆の習いごとをさせる親も少なくありません。このような習いごとには心を落ち着かせる効果もありますので、精神的な成長過程においても大きな意味を持つものです。

毛筆検定で1級を取得することができれば、書道スクールを開くのも夢ではありません。実は書道スクールを開くのは無資格でもできるのですが、やはり生徒に教えるとなると説得力のある資格が欲しいところです。中には師範取得を目的にした講座を設けているところもあり、実技と共に幅広い知識を習得することができます。資格があれば副業として教えることもできますので、活躍の場は広がります。

毛筆検定で少しずつ上の級を狙いながらステップアップしていけば、このように様々な可能性が待っています。全国各地、どこでも活躍できる可能性がある資格ですし、世代も選びません。試験は5級からあり、ごく初歩的な内容です。2級になると専門的技術及び知識が必要になってきます。1級では高度な専門技術及び知識が求められますので、しっかりとした対策が必要です。

新着情報

2014/08/08
ホームページ始めました

備忘録(サイト)

Fukuoka Hotels repeatraveler.com
Choose the best accommodation deal for your trip

【Galaxy】のサイトの充実スマホハウツー
スマホの動作を向上させる秘訣とは?

沖縄は空も楽しい!パラセーリング体験はSeaWorldで
名所観光のついでに気軽に楽しむことができます

歯の着色汚れを落とすならちゅらトゥースホワイトニング
浮かせて落とすから歯に優しいんです

スピーディー&リーズナブルな大阪の会社設立
起業コンサルが納得いくまでご提案します

Page Top

side menu